makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

好き好きウズメちゃん(15)

ウズメちゃんを愛して止まない

mako2です。

どうも、O-EAST終了後「抜けちゃった感」があったmako2。

今回のO-EAST公演が決まるまで、普段の仕事柄

出来ればスタッフみたいには関わりたくないような、

もう、単純に「ファン」でいたい様な気持ちで、

知人が関わっていようと、業界の伝手があろうと、

敢えて「それなりの距離」を取っていたつもりだったmako2。

 

思い返せば、それまで「ウズメちゃんが好きすぎる」故に

参加できなかった「宴(集い)」に足を運んだあたりから、

どうやらブレーキの効きも悪くなってしまったようで(ハメられた?誰に?)。

 

とにかく、O-EASTの販売目標座席数を聞いた時には、

自分の関わっている劇団のことのように心配(大きなお世話だ)になり

(って、もうその時点でスタッフ的な愛し方なんだが・笑)。

 

結局、気付けばこっそり(嬉々として)「ちんどん」を先導したりして

…まぁ、やっぱり図々しかったのがバレちゃったワケですが(笑)。

その節は出すぎてすみませんでした>本部サポーター諸氏

 

「控え室を提供する」と決めた時点で覚悟してたンだけど、

それでも、何か微妙な距離で「ただのファン」でもありたかったり。

mako2なりに揺れる想い抱きしめてたワケです。

 

が、まぁ、今となってはmako2は所詮mako2なので、

まさに公私に渡り、全てを利用して、mako2の立ち位置で

《表から裏から》ウズメちゃんを愛していこう、と。決めました。

 

で結果。当面の目標だった「O-EAST」終了後、

『俺夜』などの自分のイベントの時よりも大きな

「終わった感(何が?)」が急襲してきた。

燃え尽き症候群かよ…ってくらい。

出演者かよ、mako2。…と軽く自分を突っ込みたくなるくらい。

 

「抜け殻」のようになってしまったmako2。

公演を終えたウズメちゃんにチャネリングしている模様。

とにかく数日「ウズメちゃん絶ち」を敢行してみる。

…も、病状は悪化するばかり。

(他の原因もあったンだけど。てか、ソッチの方が主だし・笑)

 

とにかく、結局は再びウズメちゃんを服用。

…この場合、DVDやらCDやらの音源・映像の視聴や、

タオルで顔を拭いてみたり(ぷぷぷ)、Tシャツ着てみたり(ぷぷぷぷ)。

《好き好き~》を書いて愛を確かめたり(あはは)。

まぁ、なんとなく持ち返しちゃってるンですけど。

(もしかして、疲れてただけかよ、と・笑)

 

まぁ、大丈夫。

ウズメちゃんを想うと、きちんとドキドキしますし。

しかし、こんなに愛するウズメちゃんでも、

毎日会ってたりすると

ドキドキ加減も減少してしまうのかな…。

?…

いや、妻よ、そーゆー意味では無いからな、誤解せぬように

(大丈夫、キミには他の意味でドキドキさせられてるから。

キチンと寝た方がいいって。死相が出てるって、マジで。

つか、ドキドキする人と結婚したらmako2は死んでしまうし

…て、書き足したらフォローになってないし・しどろもどろ・笑)。

 

あ。「妻」に「死相」といえば、余談だけど、

ウチの妻は仲間に云わせると「Vちゃん似」らしい。

というか「Vちゃん系」…方向性の問題か?

mako2は全くそうは思わないのだが、妻本人も、

「ウズメイク(あの化粧)を落とした顔はアタシに似てる」

とか云いやがる。そうなのか?どうなの?

ウズメちゃんの意見も聞きたいトコロ。

…って、mako2の妻の顔がワカラナイか(笑)。

mako2はやっぱり「似てない」に10カノッサ(古過ぎ)。

そして今、どっちが好きかはノーコメント(爆笑)。

 

嗚呼、O-EASTの感想を書こうと思ってたのに(笑)。

時間切れ。また次回にしましょう。

 

とにかく、

《好き好きウズメちゃん》まだまだ続くぞ!

たまには、

読んでくれ!読んでくれ!読んでくれ!