makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

悲しい報せだった。

ロックバンド《WILD-G》のクロベエこと徳永善也氏が

今日、永眠したそうです。

二度三度ばかり一緒に酒を酌み交わしたことがあるだけで《友》というのは図々しいかもしれない。…でも、友を亡くしたように、なんだかショックなので記します。思い出を語る事が追悼となると聞いた事があるので…。

とは云うものの、何から書けばいいかワカンナイや。

二度目に飲んだ時だったか、WILD-Gのライブの後、mako2がクソ生意気に

リムショットやめてカッコ良くなりましたね』とかなんとか、

20年もドラムを叩いてる彼に意見しちゃったりしたっけなぁ。

それでも『まだ悩んでンだよねぇ…戻すかもしれんしねー』なんて、

mako2みたいな小僧に普通に受け答えしてくれたっけ。

三宿の店、三茶の店…ライブの打ち上げだって云っちゃあ

konbuと一緒に押しかけたりして。隣に座らせてもらっちゃ、飲んでた。

最後までmako2の名前は憶えてくれなかった感じだけど(笑)。

いつもkonbuが一緒なんで、mako2のことは『ダンナさん』って呼んでたっけ。

いつもニコニコっつか笑顔で…笑いながら飲んでてさ。

とにかく、一時代を築いたアイドルバンドのメンバーなのに、

とても気さくで、全然、本当に、ビックリするほど、全く気取ってなくて、

本当にみんなに好かれてるのがわかったンだよね。

誰に聞いても『イイヤツ』って答えるンだろうなぁって、温厚な人だった。

そういや、最後に飲んだ時かな。mako2酔っ払って、クロベエさんに握手して、

『頑張ってくださいね!』なんてワケわからない応援してkonbuにひっぱたかれたっけ。

けど、その後、本当に頑張って闘病してたみたいだったし…

ファンっていうよりも、なんか図々しいけど、ホント友達に近い気持ちで、

思わず『頑張ってね』って云っちゃったンだよね…あの時。確か。

本当に信じられないわ。クロベエさんが亡くなったなんて。

最後に観たのは…新木場のスタジオコーストでやった《アブラーズ》のライブか。

それも『あぶらまつり』とかって本当の最後のステージじゃなくて、

きちんとワンステ叩ききった時のライブ。最後には『5/7』が揃ったライブ。

mako2が『バンドっていいなぁ、スゲェかっこいい』って思ったライブ。

凄い幸福感に溢れたライブだったんだよ。なんか、感動したんだ。確かに。

調子いい事云ってるンじゃなくてさ…んで『mako2ッキR』に記したんだもん。

konbuは筋金入りのクロベエファンだったから、相当ショックを受けてるだろうな。

さっきは「無理にでも『あぶらまつり』行けばよかった」って云ってた。

凄い好きだったの知ってるから、ちょっとkonbuに対しては言葉が浮かばないわ。

大雑把に云えば、クロベエファンだったからmako2と出合ったという縁もあるしな。

クロベエさんのおかげで出会いました』って、クロベエさんに云ったら笑ってたっけ。

嗚呼、ちょっとしか縁のなかったmako2でさえこんなにショックなんだから、

状況は知っていたとはいえ、隈さんをはじめWILD-Gのメンバーや、

アブラーズやフミヤさんなんか、相当ショックを受けてるンだろうなぁ。

だって何度も云うけど、本当に『イイヤツ』を絵に描いたような人だったンだよ…。

きっと、隈さんや享氏ら仲間が発起人になる《徳永善也を送る会》は、

明るいロックンロールな形のものになるンだろうと思う。…mako2も絶対行くよ。

巧いとかなんとかじゃなくて、ハートっつーかスピリットっつーか、

本当に最後まで『ロックンローラー(それもちょっとオトボケなキャラ)』だった

クロベエさんの事を、mako2は忘れないよ。

…とにかく、徳永クロベエ善也氏のご冥福を祈ります。合掌。