makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

【俺夜blogより】恥ずかしがらなくてヨロシイ。

久しぶりに《コラム》みたいなものを書いてみようか、と。

ども。最近は「チャーリィと呼んでくれ」な、mako2です(ココで「mako2です」って云っちゃってる時点で「チャーリィ」は普及しないのではないかという不安もありますがw)。

いやぁ、なんだか最近アウェイのDJが多くて、嬉しいやらビビるやらですが、

そんな時、mako2が一番励まされるのが、

フロアからの「かけ声」なワケです。

どんなにビビってても「おー、今日もマコニストが来てくれているな」と思うワケです。

だから、どんどんブースに向かって声かけてほしいです。

普段の『俺夜』でも、DJブースにいると、フロアから「いえーい!」とか

「いいぞー!」とか、mako2の場合は主に「あほー!」とか「インチキー!」とか

「もっとやれー!」とか…盛り上がったオレナイターズ(俺夜参加者)からの声

(主にヤジみたいなモンですが)が聞こえてきます。

これは、フロアで踊りながら声を出したりしてる方も楽しいのですが、

声をかけられてる方も、ちゃんとリアクションがあるってコトに対して、

うれしかったりするのです。mako2なんかは、DJブースでオレナイターズに向けて

「何か(主に「ネタ」と呼ばれてしまいますが)」を提供している時に掛かる声は、

ソレはもう、どんな言葉も、他人が聞いたらヤジにしか聞こえないような罵詈雑言でも

『褒め言葉』にしか聞こえないマジックにかかっているワケですよ。

で、一度でも『俺夜』を体験したオレナイターズ(クドいようですが、

参加者全員をこう呼びます。一度でも参加したコトのあるアナタは、

ご自身が否定しようとなんだろうと「オレナイターズ」なのです)は、

他のパーティーに行っても、この「掛け声」をかけるのです。

だから、オレナイターズが参加してるパーティーは、みんなが声出しててウルサイのw

(先日の「TOY」とか、ほんとにゴメンねww)

でも、云わば、ソレはフラメンコの「ハレオ(掛け声)」と一緒なのよ。

まぁ、演者に景気付けで一声かけるってワケですから。

歌舞伎の「~屋!」みたいな感じかね。

なんか、でも、フラメンコのハレオをかけるタイミングはなかなか難しいらしいのよ

(まさに歌舞伎の「アレ」と同じなんだろうね)。

で、ハレオについてチョイと調べてみた。有名なので云うと『ビバ(viva)=万歳!』とか

が、そうらしいンだけど…詳しくはワカランが、スペイン語なのかな。

なんか他にも調べたら『アサー(alza)=その調子!』『ビエン(bien)=いいぞ!』

『ボニート(bonito)=かわいい!(男の子)』『ボニータ(bonita)=かわいい!

(女の子)』『グアポ(guapo)=いい男!』『グアパ(guapa)=いい女!』

『ミラ(mira)=ほら!見ろ』『トマ(toma)=しっかり!』…とか、

いっぱいあるらしい。

そこで!忘れちゃならない、一番一般的に使われるのが…

そう『オレ!(ole)』なんだとさ。

意味としては『いいぞ!』ってな感じらしい。男の中の男、

トレロカモミロも「オレ!」だしね。

だから『Ole!Night!!』は、うまいコト

「Ole!(スペイン語)」+「Night!!(英語)」=「俺夜(日本語)」で、

意味的にも『いいぞ!(って声出しちゃうくらい楽しい、まさに「いいぞ!」な)

夜(マイセルフ)』となって、なかなかどうして、いいパーティー名なワケですよ。

いや、tevaと洒落で偶然つけたにしちゃあさw

だから『俺夜』は『オレヨル』でいいかな、と。

変わったパーティー名だからって、恥ずかしがらなくてヨロシイ。

このままでいいじゃん。『モーニング娘。』みたいに、いつか慣れるのさ。

それより、声出していこう☆

因みに、色々調べてみたら『バリエンテ(valiente)=あっぱれ!』ってハレオがあって、

mako2のパーティー名に使ってみようかなぁ、とも思ったンですが…とはいえ、やっぱり、

どうにも、ちょっと使いづらいから却下です。

だで、mako2の個人企画は暫定的に「チャーリィ」の名のもとに【チャーリィの○○】

としようか、と。【チャーリィズ・ポップ】とか【チャーリィズ・クライ(泣きの歌)】とか。

で、最終的には『天使の歌』をテーマに『フルスロットル』をサブタイにする予定です

(またネタかよ…)。