makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

2005/07/16 『Channel elan』@新宿Art Place

Channel elanタイトル:Tokyo elan presents『Channel elan』

日時:2005年7月16日(土)

会場:新宿Art Place

出演:Tokyo elan(藤原奈穂美/桑原加代/吉田裕美子/長谷川はるか/山口美緒/川合舞/高木千代美/丸山千文/西入真子)

観てきたよ。もともと『elan channel volume1』って云ってたのがこのライブ。

当初は二部制で、一部(channel1)が藤原奈緒美プロデュースのダンス発表会、

二部(Channel2)がTokyo elanのライブの予定だったようですが、

なんだか好評だったらしく、三部(二部の再上演)を追加した模様でした。

mako2は三部を観てきたのだがね(ナメててチケット取ってなかったもんでw)。

会場には…UZUME関係だと、倉斗絢子と田中浩子、白キャップ、あとチェーホフ氏が居た。

なんか、倉斗も元気そうでヨカッタ。浩子はNYから帰ってきたばっかりで。

今回は「全曲オリジナル」って聞いてたンで、ちょっと期待しつつだったのですが…。

まず、会場となった「新宿Art Place」ってのは何なのかね?

Bar付き画廊とか…そーゆーコトなのか?凄く変な作り。つか、居ぬきで買ったかw

なんか例のweb-TVの生放送もソコの2階ブースからヤっているらしいのだけど…

今回ライブをやった場所も、ライブスペースじゃあないよね、アレw

とにかく音が悪すぎ。オケと声のバランスとか、どうにかして欲しかったなぁ。

まぁ、あんな感じだとハコ付きのPAとかが居るワケでもなさそうだからしょうがないか。

で、まぁハコの件は本人たちもどうしょうもあるまいて…しょうがないかもしれんが

以後、アソコをホームグラウンドにするのはオススメできないかと思います…。

「選択肢からはずす」というコトは本人たちでも出来るでな。次は考えた方がいい。

因みに、以前本人たちにも云ったケド、次回イベント会場となってるヘッドパワーも

オススメは出来ないか、と。あのスペースで、Tokyo elanが何をみせられるんだろ。

でまぁ、会場の件はおいといたとして、だ。内容の件ね。

うー。なんて云ったらいいかね。いや、決して「悪かった」ワケではないのよ。

なんだろ。…。『で、どう思って欲しくて…何になりたいの?』って感じか。

終演後、ウズメちゃんのライブの舞監をやってたチェーホフ氏と飲んだんだけど

(ソッチの方が嬉し楽しだったのはココだけの話w)チェーホフ氏がズバリ!と云ってた

『“憧れ”が欲しいのか“共感”が欲しいのかハッキリしてなかった』…ソレ!

ソレです!そゆこと!以上。…。以上じゃスマンかw

あーん…この前観た「海藻電車」のアプローチってのは、どっちかってーとウズメを

『芝居』に振ったやりかたで、借り物の曲でも凄くウズメっぽかったのよ。

や、当たり前だよね。ウズメ全盛期(これも失礼だなw)のオリジナルメンバーが

座長色羽紫改め鵜飼彩子の脚本でやってンだもん。そうは変わらないさね。

で、Tokyo elanは、もう最初っからウズメとは『全く違う』モノなワケですよ。

となると、本人たちは『女性による、女性のための最強悦楽エンターテイメント』

と云ってますが、もう《総合エンターテイメント》の枠で観るもんじゃないンだよね。

ま、続いて本人たちも(あ、コレは当日のパンフにあるコメントからの抜粋なのよ)

『魂のダンス、伝わる歌をモットーに あなたの第六感を刺激します』としてるように、

『ダンス』と『歌』に特化して行こう、と。ま、もちろん衣装やなんかも売りらしいが

ま、そゆことだよな。で、その『歌とダンスの女性集団』として見た場合…

《普通》じゃねーか? …つか、弱くねーか? 最近はもっとエロい奴ら居るしね…。

…て、ココまで書いて、前にTokyo elanを観た時のmako2の感想を読み返したら、

全く同じようなコトを書いてるなw(既に忘れてたが) ま、ソコだってコトだね。問題は。

結局、同じ感想だわ。ま、ただオリジナル曲になってて、それなりに作り込んでて、

全体の構成も「まぁまぁの流れ」が作れてたンで、確実に『成長はしてる』感じか。

けど、歌を伝えたい割には、舞の歌のバックの踊りがうるさかったりとか…(笑)

なんか、もうチョイとバランスとった方がいいトコも目立ちつつ。

あ、けど『振り付け』って意味では「海藻電車」より印象的なダンスだったかな。

や、舞も歌ちょっと上手くなってたような気もしたし…きっと練習はしてるなぁ、と。

あと、やっぱ有近さんの曲って、あーゆー風にならべると「凄くイイ」のが際立つね。

詞も曲もバツグンにいいわ。つか、mako2の好みなだけカモしれないけどね。

しかし「MONTAGE」とか、新しい解釈だったよぁ。もう、アイドルの曲みたいな感じで。

お客さんコブシあげて煽っちゃったりして。アレンジもそんな感じで。

そう考えると、当然ながらTokyo elanに「人でなし」は居ないワケで…。

《人でなしレビュー》の、あの匂いを残したり踏襲したりする必要もないンだもんなぁ。

まぁ、しょうがないコトなのだが、なんだかちょっぴり寂しくも思ってみたり。

ま、暇なら次も観てみたいとは思いますが…。暇なら、って感じですわ。今ンとこ。

以下、今回のセットリスト。

【SET LIST】

01.X'ross

02.Solder

03.elan

04.strive

05.moon

06.confusion

07.will

08.please don't forget

09.MONTAGE

10.ヒカリ雫

なんか、今回を以て「高木千代美・丸山千文・西入真子」は脱退って噂もありますが…。

ま、生緩く見守っていきたいと思ってます。

*******小さく告知**********

『PR(仮)vol.0』

2005年7月21日(木)

21:00~26:00(2:00am)

@下北沢Bar Holly(東京都世田谷区北沢2-33-8-1F/03-3466-1484)

料金:1000円(チャージ+1ドリンク/ビール・焼酎・ワインより選択)

幹事:mako2+こったん(+teva)

☆この店、ホント酒が旨いンですよ。カクテルは無いンだけどね。

***************************