makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

10:00

パーキングエリアで軽い朝食

konbuに「お願いがあるんだよ」と切り出す父ちゃん。

「折角だから、夜までドレスを着てて欲しいんだよ」と。

キタ!夕食は披露宴よろしくケーキカットなんかをさせるつもりだ!

「借り物(*注1)だから、汚すようなシチュエーションは絶対NG!」とmako2。

「苦しくて何も食べられないからカンベンしてください」とkonbu。

「大体、レストランの一角とかなんでしょ?まさか部屋飯で?」とmako2。

「丸テーブルふたつぐらいで、ドレス汚しやしないからさぁ」と父ちゃん。

「現場見て、汚れそうなトコだったら直ちに撤収するからね!」とmako2。

ホテルまでの車中で、隣に座っているkonbuから「まさか披露宴でよく見る、あの丸テーブルではあるまいな…。まさか高砂が用意されてるんじゃあるまいな…」とメールが。正しい。考えてみれば、ウチの家族(節子さんチーム含)なら、《披露宴ごっこ》とはいえ、絶対にソコまでヤるはず。市川さんにも夕飯は出席して欲しいと云っていたし、まず『ケーキカット』は逃れられまい…。場合によっては「浴衣+ティアラ」の《お笑い花嫁セット》でお茶を濁そう。

つづきを読む

*注1:今回のドレスは、奇跡的にkonbuとサイズが全く同じの友人(美人漫画家/みんなのアイドル)から借りたものなのであります。大体、彼女が「貸してくれる」と云ってくれなければ、今回の《3年目の結婚写真撮影》の企画は無かったといっても過言ではない。