makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

ゼロに戻ればいいじゃない。

サルメサルメ、観て来ましたよ。mako2です。 今回のサルメの初日を観て「オモロかった」と取り急ぎ一言だけ書いたら、ソレを見て確認しに行ったGJ仲間にダメ出しされてしまいましたw 「mako2、判断のハードルが下がってるよ」とw …ちょっと反省しました。いやぁ、前回があまりにもあまりにもだったンで、確かに今回は採点(?)が甘かったかなぁ、とか。 いや、けどまぁ、前回より、全然オモロかったと思うし。つか『あの方向』に行くなら、アレが最低ラインでしょ、て意味もあり、そういう意味では観に行ってもいいじゃん、と…思ったのだが、どうもmako2の周りのGJ達は目が肥えて来てて厳しいなぁw いや、細かいコトを言い始めたらキリがないし、相変わらず「レビューじゃないよなぁ」とは思うけど…まぁ、アレが『トキョーお座敷レビュー/サルメ』なんだなぁ、と思ったよ。ウズメからサルメ。まぁ、ウズメが好き過ぎたから、比べようがないし、ゼロに戻ったとは思わないけど。 色羽節もイイ感じにわかり易くなってたし、タイトルの「ただのダジャレ」から、少し意味を持ったみたいだし(まさかメートルがメーテルだとは盲点・笑)、テーマ(それ自体がイイとか悪いは別にして)もしっかり伝えてるし、曲もThat’s有近さん!だったし、ゲリライブラスの使い方とか、映像の使い方、休憩時間の使い方、全体の構成とか「佐とうひでき演出」も、方向性が見えて落ち着いてきたンじゃないか、と。 個人的には、今回は水野B愛日嬢が一番よかったかな。昔より全然踊れてたし、演技も一番見ていられた(相変わらずの上から発言で失礼しますw)。痩せてキレイになってました。ヤり過ぎ感も無くて、自然にずっと目が行きました。 出演者ひとりひとりにコメントは難しいけど…今回は古株(失礼w)…というか「元祖オリジナルメンバー(VQRGBI&ひでき)」が立ってたから、ちょっと安心したよ。今回の新参加者は、目立ち過ぎず、みんなちゃんと「新人」扱いだったな、と。前作からの男性陣も、役どころ含めて立ち位置決まってきてるし、ちょっと慣れてきてて見易かった。 因みに、全編通して一番『ウマい!』と思った演技は、第一部の「飛行機が揺れるシーン」の皆様、とてもヨカッタです。揺れてました。因みに『どれもこれも「惜しい」ンだよなぁ…』と云っていた友人がいましたが、確かに、空港のゴチャゴチャした往来のシーンとか、もうヒトヒネリで、もっと良くなるんじゃないかなぁ、とも思いましたね。あと、やっぱ全体的な「稽古不足感」は、今回も見えたよ(余談ですが、某SNSの日記で「通」なお客さんが「初日打ち上げしてる場合じゃないでしょ」って厳しく書いてたのが、とてもオモロかったです。いや、それは愛だよ、大きな愛。ちょっと感動したもん)。 で、今回は「Tシャツ」「前作DVD」「サントラCD」「携帯ストラップ」のグッズがあったワケですが…全て購入しました(愛情表現、寄付金、寄付金)。変なトコに感動しているように思われますが「サントラCDの裏面が銀色」なのが感動しました。すげーっ!しかし、Tシャツのデザインが「トーキョーお座敷レビュー/サルメ」ではなく「サルメ・マーク・エアライン」と今回の内容に寄った作りでしたが、在庫を抱えた場合はどうするのでしょう?…って、余計な心配かw 次回は『文京シビックホール(キャパ:1500席~1800席)』らしいので(何日公演か未確認ですが)、またしても大きくジャンプアップ!3年後にはNY公演を目論んでいるンだもの、本気で頑張って欲しいものであります。これからも、ちゃんと生温く見守って行きます☆