読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

GJ休業

「エンターテイメントが好き」だとか「娯楽ジャンキー」だとか云いながら、最近は『エンタメ』がなんなのかさえ見失っております。まぁ、もともと理解してもいませんが…探していたりはしたワケで…。

しかし、もうどーでもいいやって感じ。もともと、かなり偏ったモノしか観てませんが…最近、世の中では、なんでもかんでも「エンターテイメント」ってコトになっちゃってて、もう、そんなあやふやなもの、追いかけられないよ、と云うのが正直なトコロかな(笑)。

いやね、mako2にとって『エンターテイメント』って『観る者の想像力を動力とした最新鋭のノリ物』だと思っていたワケですよ。いろんな刺激(情報とか)を与えられるコトで、観客の想像の扉がドワッと開いて、見たこともない世界や、行った事のないトコに連れていかれて…そんで、観ている間は普段の事なんか全部忘れちゃって…。で、観終わった後、ちゃんと現実の生活に戻るンだけど、ひょんなきっかけで、その思い出グルーヴ(感じた事とか)が、暫くフラッシュバックしちゃって酔っちゃうような。実はちょっと普段の考え方が変わってるくらいの影響があったり…みたいな、そんな『ノリ物』だと思ってたンですよ。だから、想像力の無いヤツがノッても、そんなに遠くにイけない、みたいなさ。個人的にも、好みとか、合うヤツと合わないヤツがある、とか。

だから、落語とか本とか映画とか…「生(ライブ)」じゃなくても、エンターテイメントって存在するし、色んなトコにイけた。で、その中でもライブ(生)で『総合』とされるエンターテイメントが「効き」が強いような気がして(実際、はじめてのウズメちゃんとか、凄いトんだし)追いかけてたンですけどね。でも、世の中自体がどんどん出鱈目になってきちゃってるし、どんどん刺激的なモノが出てきてて、なんだか「エンタメ」の効きがワカンナクなってきちゃった。だって、もうテレビのニュースが伝える事件すら、派手でエンターテイメントっぽいし…どれも『帰ってこれなくなっちゃった人の話』じゃない、アレ。

1億総エンターテイナーとか云われちゃったりして…隣のおばあちゃんまでタップダンスを踊ったりする。こうなると、僕よりも「娯楽ジャンキー」が多そうな感じがするもの、世の中。じゃあ、逆に『何がエンターテイメントじゃないのか』って事の方が気になるよ。だもんで、ちょっと暫く考えさせていただきます。エンタメに固執するのもやめますわ。まぁ、オモロいものに関しては、どんどん紹介したり、感想を述べたりしますけどね。暫くGJは休業。いや、前向きな意味で。

最近は、そんな感じです。