読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

オンナノコ。

週明けには散るンじゃないかと思ってたけど、まだ桜の花は枝に残っていますな。今週末でもお花見は成立しそうだね、場所によってだろうけど。

オレナイターCherry8さんは、先日のお花見あたりから扁桃腺を腫らしてしまったらしく、珍しく3日も続けて会社を休んでおります。熱は下がったようですが、扁桃腺の腫れが引かず、たまにおすもうさんみたいな声で業務連絡の電話がかかってきます。

しかしまぁ、前日からお料理作って、実父を巻き込んで場所取りしてくれたのに、なんだか天気もよろしくなくて、人もあんまり集まらなかったという…実にショボくて「Cherry8主催らしいお花見」で、個人的には大変オモロかったと思います。あの特有の「頑張ってるのに、どうにもダメな感じ」が好きだよ。後半は、さすがにCherry8の体力の限界と小雨にヤられて、近くのバーミヤンに移動して飲んだンですけどね(それも、Cherry8は帰宅させて)。

さて、最近は、ちょっとなんだか小さくも「繋がってきた」というか、意外と身近なトコに、mako2が「繋がろう」とか「繋げよう」とか云ってるのが「伝わってる人がいるように感じる」事が増えてきてて、ちょっと光が見えてきた気がします。多分、気のせいですけど。それでも、なんか、ちゃんと「繋がる」気持ち持ってンじゃん、みたいな人に会う機会が増えてるかな。もちろん、同じくらい「そんな事ぁ、どーでもイイ」って顔も見ますけどね。要は気分の問題なんで、それでいいや、と。

まぁ、実際のところ繋がるのは「mako2と」じゃなくてもイイんで。そんな意識のグルーヴが、各所で流れ始めたらイイなぁ、と。どこかで何かが変わればいいなぁ。ま、今更「ハンド・イン・ハンド」もなかろうとも思うけど。そんな気分。

そして、先日お呼ばれした大塚のShisui Deuxのオープニング・レセプションとかも、なんか「繋がっていく」予感に溢れてたよ。やっぱ「人が集まる」って、なんかワカンナイ「予感」があるし、そーゆー場所にいるとワクワクする。田中浩子GMの元、2008年4月1日にグランド・オープンしましたので、是非とも皆さん、ご贔屓に。

ホールに立っているのがROUGEのメンバーという事もあり、個人的にはなんだか落ち着きませんが…僕の友人なんかを連れて行けば「安っぽいキャバクラに行くよりよっぽどイイ景色」と感じるだろうなぁ。つか、mako2はご存知の通り、キャバクラでナンダカワカンナイおねえちゃんと話したりするより、やっぱ仲間と語りたい方なンで(まぁ、キャバはキャバで嫌いじゃないけどさ)、飲みに行くのに関して、特におねえちゃんがどーのとか思わないンですけどね。でも、仲間との話を最優先するにせよ、この店みたいに「料理をサーブしてくれる女の子がみんな可愛い」のは、悪い事じゃないじゃない。レセプションの時にホールに並んでるのを見たけど、本当に上質ですよ、mako2が仕事で仕込むエキストラなんかの数倍のクオリティ(笑)。

最近はガールズバーとかも流行ってるみたいですが、あーゆートコはバーって名前にしてはキャバクラ並のチャージを取るみたいだし、行った友人曰く「そこに立ってるだけでサービスしてると思ってるような、世の中をナメた女しか勤めてない」らしいので『可愛い女の子ちゃんが、きちんと働いてる(更に、その子には「夢」がある)』ってのは、とても素晴らしいと思います。踊れる店員だもの。つか、漫画みたいな生活だよね、夢追いかけて昼間は洒落たカフェのウエイトレス、夜はダンスレッスン、そしてオーディションにステージ…なんて。

因みに、ガールズレストランといえば、以前、先輩に紹介してもらった三宿のGARU TABLEとかツキノマドとかも女性スタッフばかりで、料理も豊富で、なかなか居心地も良くて、あの辺りではオススメです。深夜までやってるし。因みに、多分、店員は踊れません。

そういや、オンナノコって云えば、ガールズバンドによるゴーバンズのトリビュートアルバムが出ているみたいですが…未聴。森若嬢はホンダレディのアルバムにゲスト参加したりしてますが…あとの二人は何してンだろうなぁ。光子嬢は暫くスタジオミュージシャンのクレジットで見たりもしたけど。それにしても、バンドでもなんでも、オンナノコはパワーがあるなぁ、とか。オンナノコが主役、まさに「女性上位時代」なのか?

まだ書きたい事はありますが、今日はここで。オジサンも頑張る。