makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

云い抜く

掲示板には書き込みましたが

グリコ「青春のメロディ」全22種

コンプリートいたしました。

ありがとうございます、

mako2です。

 

8月末は

UZUMEちゃんのmorph tokyo、

Eckkoのお台場冒険王特設ステージ、

SION日比谷野外大音楽堂

と、ライヴ三昧でした。

 

やっぱ、夏も終わりとはいえ、

野外は

「夏フェス」感あって

楽しいね。

風、気持ちイイし。

 

それにしても、

SIONの野音に持ち込んだ

ウォッカの瓶、

終わる頃には

空っぽだったのには

ビックリしたよ。

 

飲みすぎだよ、

teva、SEGAWA!、konbu

って、mako2もだけど。

缶チューハイ10本+ビール

さらに、ウォッカ1瓶。

 

で、mako2またしても号泣。

泣き上戸(not彩)

かっつーの。

 

その後、

餃子に竹中直人と(内輪ウケ)。

で、teva撃沈にて解散。

 

 

さて、9月。

そろそろ機(はた)織り始めなきゃ。

 

 

うーむ、しかし

「機(はた)織り」

イイよ、maeshima。

イイよなぁ、

言葉の選び方。

ズバッと云い抜いてるよなぁ。

(最近mako2の中で

maeshimaブーム

到来中なのである)

 

 

10年くらい前はね、

言葉を尽くして

っつーか、

なんかその相手に

伝えたい心情やら状況やら、

もうとにかく

色んな言葉を選びながら

「ん~、チト違うか」

とか云いながら

ダラダラとこう…

ともすれば表面的な部分ばかり

まさぐって、揉んで揉んで

自分で感じちゃたりしながら

伝えてたような気がするの。

それも最終的には

伝わらない快感、とかさぁ。

理解されない快感、

みたいな。ばかばかしい。

 

最近は、

本当に真意を伝えたいが故、

 

ボクシングとかで

よく云うじゃない、

「打ち抜く」

みたいなさ。

相手の一歩後に

本当の相手がいると思って

「打ち抜け!」

みたいな。

 

「見抜く」ってのも

同じ要領だと

昔、恩人に教わりましたが…

相手の言葉とか見かけに

騙されるな、と。

一歩後の本当の相手を見抜け、と。

 

最近は「言葉」に対しても

同じ感じになってきたかなぁ。

 

もう、その辺の緩い言葉なんか

どーでもよくて、

伝えたいことの一歩向こうを

「云い抜く」

みたいな表現方法が

好きになってきたかな、と。

 

なるべく簡単な言葉で

その背景の

心情や状況まで

伝わる、みたいな。

 

唯でさえ

言葉数多いもんでね、

mako2さん。

 

説得力無くなるのよ。

弾が軽いと。

 

ただ、真実や正論は

破壊力がありすぎて、

バランスを崩すと

確実に

友達が減ります(笑)。

 

だから洒落るンです。

飾るンじゃなくて、洒落る。

 

それを見抜ける相手かどうか、

っつーか、mako2の球が捕れるか。

 

mako2は見ておるのです。

探しているのです、

恋女房。

 

恋女房も古女房。

畳と女房は…

いやいや、

みなまでは申しますまい。

 

まぁ、女房と鍋釜は

古い方がイイなんてことも

云いますしな。

 

女房と、nabe、カマ…かよ(内輪ウケ)。

 

 

そんな「居合斬り」のような

付き合い方の30代。

 

その感心が

「機(はた)織り」

で、ブームが

「maeshima」

ってのも

説得力が無いな(笑)。

 

でも、一緒に遊んだり、

仕事したり、

暮らしたりする中で、

その辺のニュアンスが

世代を越えて

伝わるかどうか、

 

それは、

その差は大きいのよ。

たとえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳首みっつ分くらい。