makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

好き好きウズメちゃん(37)

Dance the dayウズメちゃんを愛して止まない

mako2です。

どこが好きなのか問われたりしますが、単純に『可愛いトコです』と答えるようにしています。どこが可愛いか?そりゃアナタ、

『ダメなトコ』に決まってるじゃありませんか。

や、もちろんルックスとかそーゆーのは当たり前に可愛いンだけど。

大体、mako2は『ダメちゃん好き』なのです。ダメな子って可愛いじゃん。

って云ったって『本当のダメ』じゃダメなのよ。ダメじゃないダメがいい。

ソコは微妙なバランスなんですけどね…とにかくダメダメじゃダメなの。

でもダメなのは可愛いの。ダメ可愛い。

で、その『ダメ可愛いウズメちゃん』の本公演が終わり、

ちょいとweb上を見まわすと、さすがに今回1500人なり2000人を

動員しただけあって、初めて観たって人の感想にぶつかります。

そら当然のコトですが「賛否両論」ですわ。好みもあるからね。

大体、自分のホームページに観劇感想とかをアップするような人は

他の芝居なりも沢山観てる人なんで、なかなか辛口で

またイイトコ突いてるンだよね(笑)。

ちゃんと『ダメなトコはダメ』と。

そんなんで指摘されてた部分も含みつつ、

今回は《内容》の感想でも…。

mako2は《ウズメちゃん好き》なんで

『楽しかった』で済ませてもいいのです。

つか、済ませるべきなんだけどね。

それ以上云うならmako2やれよって話だし。

でもまぁ、失礼を承知で書こうか、と(笑)。

変に気にされても困るンだけど…まぁ、ダラダラと。

ウズメちゃんの要素って『歌』『ダンス』『芝居』と謳ってますが、

まぁ普通のエンターテイメントもそうだけど、舞台である以上、

『照明』『舞台装置』『衣装』なんかもあるワケで…

で、その他にウズメちゃんに欠かせないのが『VJによる映像』だと思ってる。

前に赤坂でディナーショーとして観た時とか、横浜の営業形態って、

mako2的には『大好きなウズメちゃん』じゃないンだよね。

前にも書いためど、光学姉妹なりCYCLE氏なりの『映像』が無いだけで、

なんだかただのショーパブの舞台みたいに凄く安っぽい感じだったのよ。

で、今回のSPTでは、そのバランスが実は気になったかなぁ。

確かに『照明』は凄い光量で、栄える感じだったンですけどね。

んじゃ、VJ-CYCLE氏にももっとちゃんとしたプロジェクター用意して欲しかった。

…つか、まぁ実は劇場の都合で常備しているプロジェクターが

海外出張中だったってコトらしいンだけど(笑)…。

チト可哀相だったなぁ。映像選びとか、凄い苦労したみたいで…。

照明にはなんか大御所の方がついていたらしいけど、

光量が凄かったのは憶えてるけど、照明プラン自体は

あんまり印象に残ってないなぁ…残念ながら。

…まぁ、プロが観れば違いはわかるンだろうけどね。

舞台装置は宝塚よろしく『大階段』で来ると思ってたけど、

さすがにソレはなかったか(笑)。でも、イントレ組んで

階段つけて、期待は裏切らなかった感じですよね。

いやぁ、とにかく落下事故がなくってよかったよ(いや、マジで)。

細かいついでに『衣装』にもふれておくと、EちゃんとUちゃんの衣装、可愛かったね。

さて『歌』『ダンス』『芝居』ですが…様々なページで云われてたのは

『出演者は全員可愛いし、歌とダンスがいい!』ってさ。

ただ、こう前置きがつくワケです『芝居の内容はともあれ』…。

けど、今回は「現実味の無いかぶりものキャラクター」を捨てて、

等身大とまではいかないものの「人間」がメインだっただけでも

mako2が今まで観たウズメより相当見やすかったンですけどね(笑)。

まぁ、確かにストレートプレイとしての内容「だけ」を取られると、

まだまだ改善の余地はあるのでしょうけどね。

…ソコはmako2には口出せない部分かな。

『これがウズメのウズメたる芝居なのです』って云われたら、

そうですか、って認めるしかないじゃん。あとは好きか嫌いかだけで。

だから、この前も書いたけど『ナンセンスである』というコトを

どういう風に捉えるかってコトなのかね…観る側が。

『学芸会じゃん』って思われちゃうような芝居でいいのか…。

いや、テーマとか演技力とか構成とか以前に『ストーリー』が、ね。

毎回感じるのは…小さなネタとかは時事モノも盛りこんで

楽しく展開してるンだろうけど、じゃあそれが『“今”な感覚なのか』となると、

割と毎回ノスタルジィなものに振ってて…今回だと「80's」とか…。

『そうなんだけど、そうじゃないのでは?』と思っちゃう。

『今、どこの今?土地的には秋葉原中心が今?六本木が今?』みたいな…。

じゃあ、何が『今』なのかと問われると…mako2も考えちゃうンだけどさ。

昨日『乱歩R』のDVD観ながら考えちゃったよ…なんだか。

どこが『一般』で、どこが『オタク』なのか、とか…。

そういうラインの話なんだけど…なんかまだうまく云えないや。

ただ、まぁソレも含めて『これもあり!』と云わせてるのは見事か。

逆に云えば『芝居部分』がもっと固まってくれば《無敵》ってコトなのかもね。

で『歌』と『ダンス』ですが、細かい事はあらためるとして、

mako2的にちょっと「うーむ」と思ったのは、

「セーラー服を~」とか「仮面舞踏会」とか「スリラー」とか…

他人の楽曲をカバーではなく垂れ流しで「フリマネ」みたいなのは

どうだったンでしょうかね…(って、実は松田氏にもぶつけて、

コレについては個人的に「事情」を聞いてますが、敢えて書きます)。

まぁ「スリラー」は自称「M.ジャクソン大好き♪」のHちゃんが

かなり嬉しそうにコスプレで踊ってたので、ファンとしては

微笑ましかったンですがね(笑)。

で、半月ほど前に肉ちゃんの『ゲリライブ』が80'Sネタだっただけに

『被ったなぁ~』って感じが強かったね、邦楽は。

けど、やっぱり個人的にはオリジナル楽曲が一番いいし、

そうでなかった場合は歌ぐらいは本人たちに歌ってほしいかな…って感じ。

もっと云えば、宝塚みたいに《前半は芝居で後半は歌と踊り》てのなら

芝居の中で他人の楽曲で踊ってても…まぁ許せるし、

構成的にも一番楽しめる感じかな(O-East的な構成ですがね)。

あー、また長くなってきちゃった(笑)。

んじゃ、唐突だけど、今日はこんなトコでいいや。

とにかく、

《好き好きウズメちゃん》まだまだ続くぞ!

たまには、

読んでくれ!読んでくれ!読んでくれ!

ウズメちゃん本人達も(他のみんなも)、

読んでくれ!コメントくれ!情報くれ!