makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

JAM Project ライブ@日比谷野外大音楽堂

JAMProjectJAM Projectのライブを観てきました。mako2です。 所謂「アニソン」ライブですわ。ま、妻の仕事の関係で、 多いンですけどね。アニメもののイベントやらなんやら。 で、今回の『JAMProject』ってのも初めてじゃないンですが。 どうやら正式には《Japan AnimationSong Makers Project》というこのユニット。 後世に残る真のアニメソングを作り上げる為に強力シンガーによって立ち上げられたスーパーユニット。 ココで云う『真のアニメソング』ってのは 『主人公の心情や必殺技の名前が歌いこまれている昔ながらのアニメソング』ってコトだそうで、 ソレは正しい、と思うワケ、で・あります!(ケロロ軍曹風) mako2はそーゆーのだけを見て育ったのだから。 「なんとなく青春」とか「なんとなく恋愛」とか「なんとなくカッコイイ」とかで クソみたいなタイアップ楽曲を使うくらいなら、昔みたいに題名を歌いこめっつの。 で、その『JAMProject』さん、現在のメンバーは、影山ヒロノブ(ドラゴンボール歌手 …というかレイジーのミッシェル)・松本梨香ポケモン歌手)・遠藤正明ガオガイガー歌手) ・きただにひろし(ワンピース歌手)・奥井雅美デジキャラット歌手らしい) ・福山芳樹マクロス7歌手らしい)…と、確かに豪華な面々…らしい(笑)。 いや、番組名だけはmako2も知っているものばかりだしな。 昔、発足時だと思うのだけど、イベントで観た時には、水木一郎(アニメソング界の重鎮。兄貴) ・さかもとえいぞう(アニメタル…というかアンセムな)もいたんだよね。 けど今は休業中らしい。 さかもとえいぞうに至っては、本人のサイトで「卒業」と書いてある(笑)。 因みに、今回のライブのバックバンドのドラムは「そうる透」だったよ。 しかし、ほぼ全曲アニメ番組やゲーム(どちらも主にロボット・ヒーローもの)の曲なのに、 見事に知ってる曲は一曲もありませんでした。 大体、今のロボットアニメの歌は《ハードロック》が基本なのね。 「長髪」「極細皮パン」「裂T」「鋲付衣装」「シャウト唱法」「ツーバス」「フライングV」「マーシャル」とか、 終いにゃ、ドラムの背後に「大きなドラ」ですから。そーゆーライヴを久しぶりに観たわ。 それも日比谷野音が横まで満パンだったよ。 スカパラの「ギムラ追悼ライブ」以来、そんな野音は初めて見たかも。 匂ってた。汗が風に乗って。凄いな、ヲタパワー。 テレビが入ってたから、年末「キッズステーション」で見られるらしいよ。 …観ないけど。いやいや、契約してないから…観られないけど、だな(笑)。 つい前日に、こったんが自宅に来てて『スーパーヒーロー魂(スピリッツ)2000』の DVDを一緒に観てたンだけど、やっぱmako2は知ってる曲満載の『スーパーヒーロー魂』や 『スーパーロボット魂』の方が楽しめるわ、単純に。 もう何年も観に行ってないけど…チャンスがあれば、また行きたいもんです。 しかし「あーゆー(アニヲタ満載)場所」に行くとさ、 ココでも何度も云ってますが…mako2馴染んじゃうんだよねぇ。不本意ながら。 いやさ、だって素質はあるンだもん。アッチとコッチの差って何?って感じ。 年齢はもとより、見かけもさして変わらないしな。悲しいことに(笑)。 mako2が素直じゃないだけで、ああやって汗まみれになって醜く暴れてもオカシクナイ。 むしろ、彼らの方が正直なのかなぁ、とか。いや、隠してるワケでもないンだけどね。 ソコまで子供に戻れないっつか、なんつか。アイドルに関してもそうだし。 なんか、あーゆー場所に行くと、いつも『まずは、痩せよう』と思うのです。