読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

『本気 EXPOSURE』

2006.01.20 『俺夜』今年は、一瞬でも『本気』を見せていきたいな、と。mako2です。

去年末にパヤシ編集長。が『僕らがグダグダを売りにする季節は終わったんだ』ってmixiの日記に書いてたンだけど、ちょっと共感してみたり。いや、グダグダもダラダラも嫌いじゃないンですけどね。ラクだし。でも、とにかく今年のテーマは『本気 EXPOSURE』で行こう、と。もちろん「チラ見せ」中心でw

まずは、告知。

今月は急遽『CCN』中止ってコトで、替わりに『Ole!Night!!(俺夜)』開催するコトにしました。mako2的には『JAPPIN' ROLL』に続き《本気チラ見せ》なプレイをするつもりです。

『Ole!Night!!(俺夜)』

2006年12月20日(金)OPEN/START 20:00

@渋谷soft(東京都渋谷区渋谷3-1-9-B1/03-5467-5817)

http://www.soft-tokyo.com

入場料:無料(ノーチャージ/要ドリンク・オーダー)

出演:Cherry8/R-taro/teva/Kay-G(akaO-mae)/こったん/TTM/mako2/O.D.A./HAYAKAWA/yu3(yuza)/編集長。(CNT)、他

『JAPPIN' ROLL』はオモロかったよ。久しぶりに「本気チラ見せ」しました。

まぁ、お客さんがmako2のコト知らないヤツばっかだったからナントモ「普通」だったけどw

軽くノルマみたいなものもあったのですが、しっかり『ノルマ割れ』しました(凹)。

人望ないなぁ…mako2。つか、ちゃんと来てくれたのは《俺夜mako2直系後継候補者》のみ。

ソレはソレでちょっと嬉しかったり、楽しかったり。

一晩「3回」のプレイは「ロカビリー/R&R」「ROCK」「歌謡曲」と大まかにテーマ分け。

どれも『ちゃんとヤっちゃった』もんで、セットリストとか全く覚えてませんw

しかし、やっぱり「J-POP」はフルコーラスで聴くのはキツいわ。飽きる。

で、翌日は『ゲリライブ』を観てきましたよ。

感想は…特にナシかな。や「いつもの」だったし。普通でした。

なんか「ゲリ~」が一番ヨカッタのは『~マリリーン』の時だったね。

今回はなんとなく「客に媚びてる」感じがした。いや、気のせいかもしれないけどさ。

でも、いろいろ確認できたよ。去年までの「mako2'sPlay」の集大成みたいな感じだったから。

mako2はバンドじゃなくてDJでヤってただけ。まぁ、その差が大きいけど、大した差でもない。

DJ的に云えば、選曲にセンスが無かったかなぁ。狙い過ぎて失敗の最たる例かとw

でも、ひできにも云ったけど「今年以降アレ(あの内容)は通用しない」ってコトかな。

『よくできた文化祭の出し物』でしかないのは、もう無理。続ける意味無いよ。飽きるし。

本人の曲でさえ、DJで使ってもワンコーラスハーフが限界なんだからw

「前説映像」長すぎだし、構成の芯になってるエピソード自体が『出オチ』って感だった。

いや、バンドもパワーアップしてたし…続けりゃ『友達』は、観に来るだろいけどね。

今回「C9哲っちゃん」が凄く良く見えたのは「媚びてなかった」からなのかなぁ、とかw

無表情だったし、動きのキレも良かったし。カッコよかった。

あと、ダンサーの方は少し「肉体」を絞った方がいいのではないでしょうか(辛口w)。

でも『ゲリライブ』だから許されるのかな。出演者が誰も『本気』じゃないしねw

で、オープニングアクトの「ラ・サプリメント・ビバ」は、まぁまぁオモロかった。

内容的には「肉乃小路ニクヨ」の《リップシンクロ芸》のコントバージョン。

でも、凄い《音楽的》な要素が強くて、まだ可能性を感じる方向だなぁ、と。

セリフのサンプリングがビートに変わって行く感じとか、良かった。普通に楽しい。

去年、mako2が「ヤりたかったコト」はコッチに近かったの。演劇とDJの融合、みたいな。

まぁ「アフロ軍曹」で、ちょっと実験した時点で、既に「もう無い」と思い直してますけどw 

よく考えたら、フロアを「踊らせたい」のに「ジッと観られる芸」じゃダメだわなw

Barとかで展開するなら方法はありそうだけど…そうなると距離が近すぎるしね。次、次。

しかし、もう『新しいヤり方』なんてないのかなぁ…。

あ、そういえばウズメちゃん主軸周りは「2月/海藻電車」「3月/シアターV(うっか、他)」

「3月/107(浩子、他)」って感じで動き出すみたいですよ。どれも、観に行く予定でいます。