makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

ナイス・ミーティング!

200709_rouge.jpg9月になりました。無事ROUGEの公演も終了。今回は本当に勉強になる事が多かったっス。公演中の、新しい、そして懐かしい『出会い』もオモロかった。久保田氏がパンフに書いていた『世界がもし閉じられた円環だったとしても、その循環の中での数々の出会いは、とても尊いことなのではないか』との言葉に納得してみたり。 初日から何箇所も演出が(映像や照明、衣装まで)変わったりしつつ、最後まで『高い所へ飛ぼう』としていたROUGEは素晴らしいと思います。まぁ「前半に観てくれた人に、なんだか申し訳ないよなぁ」って声もありましたが(笑)。初日と千秋楽の両方を観た人はビックリしたんじゃないでしょうかね。まさに、上演しながら育っていく作品と、最終的な観客との一体感に。毎度の事ですが、千秋楽のクオリティが初日だったら凄いよね。不可能だと思いますがw
さて、ROUGEの話はさておき。つか、もうHIROKOは『次』を考えていると思いますので楽しみにしておりますよ。次も今回のスタッフィングで出来たら楽しいのになぁ。まぁ、基本的には『プロデュース公演』スタイルなので、ワカンナイんだけど(もちろん、mako2が入閣しない場合もあるンだけど…いやーん)。 で、公演が終わりまして、その翌々日から火曜まで「旅」に出てた(とmixiの日記には書いていた)ワケですが…まぁ、隠すのもナンなんでカミングアウトすると、ぶっちゃけ「旅」という名の「短期入院」だったンですよ。5日間の小旅行(手術付)。わざわざSNSの方じゃなくて外のblogで公表するのもどうかとは思うけどw 直腸の出口付近に出来たパイプと膿腫瘍を切除したワケですが…ついでに腫瘍が一個見つかって、そいつも処理してもらいました。いや、簡単に云えば、8年前と同じ「痔瘻(じろう)」と「内痔核」ですけどね。ぷ。カッコ悪っ。まぁ、化膿してる時にゃ本人は死ぬ思いなワケですし、ライトに書いてますが、前回も『このままじゃ、いつか癌になる』と云われて即手術を決めたので、普通の所謂「痔(切れ・イボ)」と違って『舐めちゃイカン病気』なのだけども。 でも、前回もそうだったンだけど、患部が患部だけに、手術さえ終わっちゃえば、院内でも普通の生活なんですよ。食事も普通食(今回は手術翌日の朝食に「あじの干物」だもの)。8年前なんか、食堂施設がちゃんとしてなかったもんで、晩飯が「店屋物(ラーメン・寿司・そば、など)」だったンだけど、さすがに「七味唐辛子」とか「カレー」とかにはビビった。ホラ、やっぱ手術後のトイレは怖いじゃん。傷口があるワケだし。でも、今回は前の時(その時は11日間入院)より数段楽だった。手術した位置とかの問題なんだろうけど。技術も進んでるみたいだしね。 まぁ、前もお世話になってるし、主治医の先生に対しては、技術的にも全面的に信頼していたので、本当に全く不安感もなかったし。入院中の状況もわかってたし『国民休暇村』とかに泊まりに行くような気持ちで(実際、本当にそんな感じだったのよ。三食昼寝付だし、今回は苦痛も無かったし)。仕事がもう少し暇なら、もう数泊してもよかったンだけどなぁ(多分、医院も許してくれたンだけど)。でも、前回に比べて同僚たち(なんせ皆同じ場所を患ってるから、凄い共感がある)のキャラが薄くてつまんなかった。前回はホントに「合宿」みたいで楽しかったから。 あ。けど、今回、退院する前日に一番オモロい人が隣のベッドに入って来た。大正生まれの86歳のじいちゃん。ちょっと耳が遠いンだけど、もう、看護士とのやりとりとかオモロ過ぎて、全部録音したかったよ(一部、鞄の中で「偶然」まわっていたレコーダーに録音されていますが・笑)。 夜とか、テレビのスイッチ切るついでにナースコール押しちゃって「どうしました?」の看護士の声に、いろいろ応えたあげく「もう寝ますから!」って煩がってたりすンの。どうせなら、しばらくじいちゃんと一緒に入院いたかったなぁ。で、やっぱ寂しいンだよね、じいちゃん。カーテンめくったりして、いろいろ話かけてくるのよ。結局、晩飯後は喫煙所(ベランダ)で一時間くらい捉まっちゃって(他の患者、いなくなっちゃうンだもん・笑)。話を聞いたよ、デザート替わりに。 や、オモロかったよ。mako2、意外と老人の話が好きなのよ。やっぱ、人生の大先輩じゃん。凄い時代を生きてきたワケですよ。今回は、関東大震災や戦争(日中戦争・太平洋戦争)を経験して、戦後から現在に至るまでを生き抜いた『強運』の話を聞いたンだけど…いや、あと2時間くらい話しても飽きなかったかな(こっちは、何冊も本を読了するくらい暇々だったし)。内容は割愛するとして、いや、本当に最後の最後にナイス・ミーティングでしたよ。そういや、じいちゃん、翌日、手術室でもずーっと話してた(医者と看護士は、半身麻酔じゃなくて全身麻酔にすればよかったと後悔したはずw)。 しかし、今回の入院でも、先生に婦長さんも相変わらず、8年前に世話してくれてた給仕のオバちゃんも憶えててくれたし(mako2、どんなに印象的なキャラなんだって話ですがw)、新しい給仕のオバちゃんが10年前mako2ンちの隣に住んでた人だったり、件のじいちゃんだったりと、こちらも新しかったり懐かしかったりの『出会い』にあふれてたワケです。ホントにナイス・ミーティングでした。 そういや、ミーティングって云えば「出会いが少ないとお嘆きのアナタに、現在進行形で出会い続ける(ミートがイング)飲み会」と云って始めて、今はヤング・オレナイター主導による飲み会となった『ON-mtg(俺夜ミーティング)』ですが、相変わらず『毎月第二土曜/三軒茶屋フラワー2号店/21:00~/1,000yen(チャージ+1ドリンク)/飛び入りDJ歓迎』で続いております。たまには覗いてやってください。mako2はたまにしか行けないけどねw