makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

世界のロックンロールの歴史の中で

200711_rouge.jpgこれほどバカげた男がいたであろうか?遠い星から地球にやってきた奇蹟の男!人か魔物かはたまた宇宙人なのか?今日も正義のために日夜闘い続ける男!その名はスネークマン・ジョーンズ! …ってな感じで、最近また『基本に戻る』といった意味で、棚をひっくりかえして「スネークマンショー」関連の音源ばかりを聴いております。次回のROUGE(2008年2月)のネタを考える上で、まだまだ参考になります。結局、そこが僕のルーツの一部なワケです。とか云いながら、mako2 STYLEの更新は滞っていますがw そうそう、そんな中、突然ですが『仔猫ちゃんたち(新東京レビューROUGE)を起用してテレビ番組を作る』なんて企画が、具体的に持ち上がってきておりまして…今後、またちょっとオモロい展開になりそうです。今件の仕掛け人の久保田氏との企画妄想会議は、現時点でかなり盛り上がっております。いや、世代的には「テレビっ子」なんでね。絡めるものなら、楽しませていただきますよ。しかし、そうなると、mako2の「サウンド・コラージュ」って手法は色々問題があるンで…関わり方が変わるわな。それに、大体、ROUGE自体HIROKO以外のメンバーは流動的だからなぁ(ヤル気のあるヤツぁ付いて来い方式だしw)…誰がこのチャンスを掴むのかってのも、大変楽しみなトコロ。や、コレは事件ですよ。なんかいきなりメジャーな器が用意された感じだもん(さすが久保田氏、提案がオトナ♪)。そろそろ、ちゃんと仕事に転がしたいなぁ(個人的にねw)。詳細はあらためて。 それた。話を戻しましょう。 で、スネークマンショー関連のモノをどれだけ持ってるのか並べてみたンですけど、意外にも所謂もともとの「スネークマンショー」を全く持っていませんでした。全く、ですよ。…全然だめじゃん。でも、逆に「レア」とされるような廃盤音源は豊富だったりしてた。 いやぁ、まさに『メインを見ずに脇ばっかり見てる』状態です。それも、脇(サブカルチャー)の中の更に脇(リリースしている事さえ知られていないような作品だったり)ですから…駄目度全開。 で、確認のために一覧にしてみた。因みに、僕は結果的に桑原茂一氏を追いかけちゃってるので、伊武雅刀氏の音源や、小林克也氏がリリースしていた「SNAKEMAN ROCK SHOW」のシリーズとナンバーワンバンド、あと桑原氏周辺でもComedy Klub Kingになってからのバナナマン名義のDVDなんかはカウントしていません(最初の何枚かは持ってますけど)。あと亜流(「ヤマアラシとその他の変種」とか「増長」とか…果ては「タモリ」に至るまで)も入れてない。つか、キリが無いンだよね。でも、小林克也氏関連の音源「WET DREAMER(借りパチされた)」はもう一度聞きたいなぁ。他にもなんかあった気がするンだけど…出てこないわ。そして、借りパチされてるヤツ、返ってこないかなぁ、と未練タラタラ。
まず【現在、持っていないもの】が以下。 ■X∞増殖/YMO(1980)>レコードで所有していた ■スネークマンショー(急いで口で吸え!)(1981) >レコードで所有していた ■死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!(1981) >レコードで所有していた ■咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(1981)*シングル ■愛の戦場(1981) *シングル ■スネークマンショー 海賊盤(1982) *カセットテープ&CD >カセットで所有していた ■ピテカントロプスの逆襲 (通常版 ジュエルケース)(1983) *カセットテープ&CD ■スネークマンショー 核シェルターブック(1983) *カセットブック ■ スネークマンショー In The 90's(1991) >借りパチされた ■YANKOMARITAI (1992) ■Blue Film/マンドラゴラ(1994)>借りパチされた ■Blue Film 2/The Swing(1994)>借りパチされた ■ツインズ・スーパー・ベスト・オブ・スネークマンショー(1997) ■その他、プロモ盤などは、なにがなにやらなので省略 で【持っているもの】が以下。 ■楽しいテレビ(1984)*VTR ■RADIO HEAVEN(1992) ■スネークマンショー/人格なし~日本人格解放列車編集(1993) ■スネークマンショー/人格なし2(1993) ■Blue Film 3/英会話バイエル(1994) ■Blue Film 4(1994) ■Blue Film 5/スマイルロックでいこう!(1995) ■シャシの耳~スネークマンショーの恐るべき子供たち~(1997) ■showa/64(1999) ■シーマンと20世紀のポテチン(2000) ■ラジオ版スネークマンショー vol.1(2001) ■ラジオ版スネークマンショー vol.2(2001) ■ラジオ版スネークマンショー vol.3(2001) ■Peace Piece Peach/s21(2001) ■Does Anybody Really Know What Time It Is?~いったい現実を把握しているものはいるだろうか?~/s21 (2002) ■So Much To Say,So Much To Give~言いたいことが沢庵~/s21 (2002) ■Japan Is Not For Sale/s21 (2002) ■WAR AND PEACE~最後に笑うものが一番良く笑う~/Comedy Club King (2003) ■SOUVENIOR/Comedy Club King (2003) ■よりぬきスネークマンショー 「これ、なんですか?」(2003)*書籍 ■スネークマンショー・アンソロジー!!!(2004) ■ELEPHANT MAN~慈悲と正義は我らが知能にも行為にも見当らず~/Comedy Club King (2005) ■バナナマンのスネークマンショーのカバー「シンナーに気をつけて~警察だ。」(2005)*配信 ■バナナマンのスネークマンショーのカバー ver.2(2005)*配信 ■その他、Dictionaryの付録VTRとか、配信によるClub King(Tolk Dictionary)関連のものもチラホラ それにしても、気が付けば「コレクター」だなぁ。しかし、コレクターとして何が痛いって、今使ってるmako2のPCがi-tunes入れると壊れちゃうコトですよ。現状、PodCastでの配信やら販売やらで手に入るComedy Club King関連のものは全く入手できてないのが、なんだか悔しいです。 で、改めて最近の「Podcast Comedy Club King」をちゃんと聴いたンだけど…mako2が「オレナイトーク」でやろうとしてたコト「そのまんま」だった。まぁ、キャストが違えば違うものになるし…テーマの据え方が違うからいいンだろうけど…なんかすっかり出遅れてた感じで、ちょっと凹みました。 けど、まだ考えてるコトはあるンで、ちゃんと形にしたいと思ってますよ。でも、まずは件の「テレビ」の話がオモロそうなので、そちらを優先しちゃいます。