makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

The Carrousel Revue!! 終了しました。

無事に『新東京レビューROUGE presents「The Carrousel Revue!!」~Party Ver.~with GLORY GO!GO!GIRLS』…という長いタイトルの公演(まぁ『The Carrousel Revue!!』でイイんですけど)も終了いたしました。

「あっ!」と云う間の3日間5公演(追加公演含)でした。公演中に一回くらい日記を更新しようと思っていましたが…mixiの日記が精一杯でした。つか、ココって携帯で更新できないンですよ。だもんで、実はココ用に書いた日記をmixiにあげてみたりなんだり(そんなコトに気づく人はいないと思いますが、千穐楽の日にアップしたmixiの日記、多少文体が違っていたのはそーゆーコトです)。っつーコトで、久しぶりにコチラをダラダラ書こうと思っております。

で、ROUGEとは関係無い話から始めますけど(笑)。

この前、友人が座長を務める劇団が本多劇場進出だって云うンで、千穐楽を観に行ったのね。まぁ、相変わらず「その劇団の味」ってのがあり、期待以上でも期待以下でも無く、どちらかといえばソコソコ楽しんで観られたのですよ。が、…まぁ、千穐楽で演者のテンションもちょっとアガり気味なのは理解するンですけどね、最後のカーテンコールで、本編の演技的にも、どうにも食えない役者(いや、生活できないって意味じゃなくて、上手くないって意味)が、ひとりだけ俯いて感涙しちゃってたンですよ。いや、気持ちはわからないでもないけど、ソレ見て、なんかイキナリ醒めちゃった。そりゃ拍手も送ってますけど…学芸会観に行ったワケじゃないンだからさ。最後に個人的な何かを持ち込まれてもウンザリするばかりですよ。それもザコがひとりだけ泣いてるなんざ、感情移入もできませんってば。だって「劇団の本多劇場進出が嬉しくて」じゃなくて「僕、頑張った」って泣いてるのがモロわかりなんだもの。つか、キミは長い道程を共に歩いた劇団員じゃなくて、今回だけの客演だろうがよ。オマエだけとっとと引っ込め!って感じでした。ので、友人には悪いがカーテンコールの途中で会場を後にしました。うんざり。

で、思い出すのがmako2が「好き好きウズメちゃん」を書きはじめるきっかけになった『ウズメ8日間10公演@morph tokyo(2003年11月)』の最終日です。まぁ、誰が観ても、それはそれは大変な公演だったので、終演後に誰が泣いたって許しちゃう気持ちでしたよ、熱烈なファンとしては。で、そのカーテンコールで、珍しく、座長の色羽紫が半ベソで演出家を舞台に呼びあげたのですが、思えば、mako2が初めて松田さんを「松田さんだ」と認識した瞬間でした。それが『ファースト・ディープインパクト』だったなぁ、とw

で、今ではROUGEで、その松田さん(ROUGEでは企画・構成の久保田さん)とご一緒させてもらっているワケですが…まぁ、あんまり毎回持ち上げるとなんか勘ぐられそうだけど、本当にマジメな話で、彼は凄いと思います。いや、金品を貰って提燈記事を書いてるワケじゃなくて(笑)。で、ホントは、その「凄さ」を詳細に書きたいトコなんですが、それはまたの機会にしつつ(笑)、ちょっぴり今回の公演を振り返ろうかな、と。

いやね、スタッフで入ってると、関わってる作品が「客観的に観てもオモロい」とか云えないコトが多いンですけど(主体的になりすぎちゃって、何がオモロいのかワカンナクなってきちゃう)、でも、今回のは本当にオモロかったよ。観てくれた友人の評価もかなり高くて嬉しい限り。って、まぁmako2のお仕事自体はいつも通りだったンですけどね。直前に無理矢理「冷凍餃子でダイエット」を突っ込んだくらいで。

しかし、本当に有名人がひとりも出てなくて、それも全編オリジナルの歌モノで、こんなにお客さんを離さないステージって、そんなにあるモンじゃないよ。ちゃんとテーマも伝わるし、全てのアベレージが高いし。松田さんが「ウズメで、やりたくても出来なかったことが、はじめて出来た気がする」って云ったのも解る。アレはウズメじゃ絶対に出来ないわ。確かに、ウズメもほぼ無名の楽曲(そりゃT.V.ジーザス好きは知ってる曲も多かったけどw)で、無名の出演者だったワケですけど…申し訳ないかな、あんなに好きだったけど「見世物」として『格』が違っちゃった。松田さんもHIROKOも、今作で(色んな意味で)完全に「自身を超えた」ンじゃないでしょうか。それも、意外と軽く超えてみせた感じでした(そりゃ、もちろん苦労もあったでしょうが)。つか、良くも悪くもウズメの時って、その瞬間でいっぱいいっぱいな感じだったンだけど(ソコがまた面白くもあったけどね)、今回のって、近くで見てても、なんか全然「通過点」な感じなんだよね。もう「次」が、ちゃんとある感じ。もう、とにかく『格』が違う感じがするよ、マジで。もちろん、mako2の中でもウズメを越えた感じ。もう、芝居がどーとか、全然どーでもいいし。どこぞの下手な演劇なんかより、ちゃんとテーマがあって、きちんと伝わってるし。まぁ、今やmako2、ある意味で「松田作品」を追いかけてるみたいなもんなんで、2年も前のウズメなんかは「越えて当然」なんでしょうけど…なんか、あの時代感みたいな否定できない記憶もあって、なかなか実感しなかったから、とにかく今回、本当にブッちぎった感じで、清々しいわ。

mixiの日記には書いたけど、ウズメの時って、芝居の要素があったってのもあるけど、どうしても『観る』になっちゃって『乗る』とか『参加する』とかって感じじゃなかったンですよ。そりゃ毎回楽しんでたンだけど。でも、オモロかったけど、素直に「乗る」ってのはなかなか難しい空間だった。一方的に理解して「あはは」と笑ったり、リズムとってみたりって感じでさ。でも、ROUGEの今作というか、前回の本公演(まさに、松田さんが関わった作品)以来の『凄さ』って、今までの『観る』って概念を取り払って、全く強制されるコトなく『観客と舞台上が一体になる瞬間がある』っていうか…普通に観ているうちに『参加できる』し、お付き合いじゃなくて、自然に『乗れる』トコなのよ。全然知らない人が出てきて、全然知らない歌を歌うのに、だよ。なんか『盛り上げたくなる』っていうか…mako2が普通に客として観てたら、きっと野次(声援でした)のひとつも掛けたくなる感じ。なんか、会場の全体的な雰囲気が、お客さんの声とか手拍子とか拍手とか、ソレも含めて『作品』な感じになってるの。ホラ、mixiの日記で『コメントのやりとり含めて読み物』になってるみたいなさ。あんな感じ。あ、歌舞伎なんかもそうじゃん。あの「○○屋っ!」とか込みで観られる感じですよ。

まぁ、もちろんお客さんの参加が少ない時もあるンだけど…それは強制してるものじゃないし、舞台のクオリティ自体は高いから、少なくともアンコールには必ず『一体化する瞬間』が来るワケで、本当に、下手なライブバンドより楽しめる作りだし。それは、構成や演出の妙でしょう。勉強になる。つか、mako2のDJごっこもそうだけど、門下生(笑)にもよく云う「オープニングに掴みがあって、中盤緩めて、いくつかの緩急があって、後半に駆け上がる」的な、全体の起伏がちゃんと計算されてるのが気持ちイイのよ。今回の作品においては、本当にダレないで最後まで駆け上がったしね。曲調がバラードであっても、ちゃんと会場自体のテンションが持続してるし、まぁ、海香子のMCはウズメを知ってる人は色羽節と比べちゃったり色々あっただろうけど、なにより『ちゃんと全編を作詞している』っていう説得力があったし。存在自体も、なかなか華やかだったし、今回はアレでよかったンじゃないでしょうかね。

ま、ひとつひとつの話なんかは、またの機会(あるのか?)にするとして…全体的にはそんな感じでしょうかね。とにかく、松田さんの提示したコンセプトはもちろん素晴らしいし、美術のダンボール(=東京の象徴的なアイテムとして…だけど、どうも日比野克彦氏を思い出すのはオジさんなのでしょうか?)の小物使いやデザインも、本当にガーリーで可愛かったし。曲も歌詞も、ホントに面白く幅広くデキてた。もちろん、映像・ヘアメイク・音響・照明もよかったし。で、出演者もみんな可愛いし(笑)。あ。あと細かいトコで『今後の課題』があるとすれば、そろそろ『新作の衣装』をガッツリ調達できたらいいのになぁ、とかかな。まぁ、衣装はとにかく金がかかるから…なんとも難しい問題なんでしょうけど。いやいや、言い出しッペとかって僕に求められても困りますからね(笑)。

で、そんな『The Carrousel Revue!!』のダイジェスト版が無料で観られるチャンスがあるようです。まぁ、劇場じゃないし、フルメンじゃないから全く別モノだろうで…あの雰囲気(会場の一体感)は、なかなか伝わらないかもしれませんがね。以下、ご都合よろしければ、覗いてみてくださいまし。

【其の壱】

東京マラソン 2008」のランナー受付会場(東京ビッグサイト)で行う『マラソンEXPO』に「GLORY GO!GO! GIRLS」名義にて出演。

■『マラソンEXPO』

■開催日/2月14日(木)

■会場/東京ビッグサイト 西展示棟アトリウム特設ステージ(東京都江東区有明3-21-1 http://www.bigsight.jp/

■出演時間/16:50~

■料金/無料

【其の弐】

東京マラソン2008開催日(2月17日)に、コース沿道の26ヶ所で行われる、ランナー応援イベント『東京大マラソン祭り2008』の一環で、表彰式直後に「GLORY GO!GO! GIRLS」名義にて出演。

■『東京大マラソン祭り2008』

■開催日/2月17日(日)

■会場/東京ビッグサイト 西展示棟アトリウム特設ステージ(東京都江東区有明3-21-1 http://www.bigsight.jp/

■出演時間/15:30~

■料金/無料

まだまだ回り続けます。