makonythm

まだまだ止まらないBEAT。mako2のリズム。

ディナーショーに着ていく服

さて、5月。

なんだかちょっと

ザザザワと胸騒ぎ。

ちょっと苦しい感じ。

早くも五月病か?

なんだかんだココ最近も

色んなライブやらイベントやら

観ちゃってます、mako2です。

(ま、ソレは「観ちゃった」参照として)

 

 

都内から出ない、

このゴールデンウィークの

mako2の一大イベントは

「5月3日/赤坂プリンスホテルウズメの人でなしレビューSP」

です。

(またウズメの話かよ、とか云わないように)

 

とにかく…

“ディナーショー”だそうな。

 

まさか仕事以外で

ディナーショーの現場に行くとは

思わなんだよ。

 

やっぱり、スーツとか着て

ビシッとキメて

行くべきなんだよね?

TPOっつーの?

考えてさ。

 

 

一応バブル期の記憶もあるmako2には

「赤プリ」ってもう響きが敷居高いんだよなぁ。

 

 

 

 

普段、六本木morphなんかでの

ウズメちゃんのライブに行く時に

 

妻から厳重に注意されて

気を付けているのは、

 

 

 

 

 

「アニヲタ(声ヲタ)の皆様と同化しないコト」

 

 

 

 

 

ただでさえ

「チビ・小太り・めがね」の三重苦。

 

 

この「キャラ」だけでヲタ様たちと

差がある「気がしている」のですが、

 

同じ場所に一緒にいたら、

確かに危険なのです。

ヤラれちゃうのです。

 

 

さらに最近は、

専属美容師(オーバー40/男性)

に作ってもらった、

自慢の「若乃花カット」(お兄ちゃんつながり)

も、すっかり伸び放題で

 

「お洒落度」ダウン。

確かに、アブナイんだよね。

 

 

とはいえ、

そんなことで

妻を悲しませたくないもので

一応努力していますよ。

 

 

メガネは外してコンタクト。

 

首周りの伸びたTシャツは着ません。

 

マフラー・帽子・サングラスなどの

ちょっとオシャレな小物を使い…

 

なるべくブランドバッグなどの

非ヲタアイテムを装備。

 

 

基本色は差障り無い「黒系」でシックに。

時には思い切った「原色」を。

 

 

しかし、

mako2のファッションは

 

何故か、

 

何を着ても、

 

もちろん普通のスーツを着ても、

 

 

 

 

「ザッツ業界人」

に、なっちゃうのよ。

 

 

 

 

システム手帳を持てば、マネージャー。

紙袋を持てば、レコードメーカーのプロモーター。

カジュアル過ぎると、インチキなTVプロデューサー。

あいつはあいつは大変装♪…である。

 

 

まぁ、しょうがないか。

染み付いてしまっているのだなぁ。。。

 

 

まぁ、とにかくスーツで出かけよう。

 

 

いや、待てよ。

 

ここは男として、

 

 

「キメる」といえば…

 

 

髪はオールバック、

 

そして服装は

 

 

 

男「YAZAWA」の白スーツ!

 

 

 

白か…

確かに、今までに無い

ダンディな香り…

 

 

着てないよなぁ…ヤツらも。

 

 

 

これならば、

ヤラれずにすむか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スカラー波に…。

(胸騒ぎの正体見たり!)